中古車[2017.10.16 UP]

中古車購入時の名義変更の方法

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中古車購入時の名義変更の方法 グーネット編集チーム

中古車を購入して乗るためには、必ず名義変更を行なう必要があります。この名義変更はどのタイミングで、誰が、どのように行なうのでしょうか。どのように名義変更を行えば良いのか、その内容について詳しくご説明いたします。

名義変更が大事な理由

実は、名義変更を行なわなくても、車は運転することができます。
しかし毎年の自動車税や、トラブル、違反切符を切られたときなどに、名義変更を行っていないと、新しい所有者ではなく、前の所有者が対処しなければならなくなります。
中古車を購入しても、名義変更を行っていなければ、あくまで所有者は変わっておらず、購入者は借り物の車に乗っているような状態になってしまうというわけです。
新しい所有者は、保険にも入ることができませんし、その車を売却するなどのことも勝手に行なうことはできません。
どちらにとっても良いことではありませんので、名義変更の手続はできるだけ早く済ませるのが望ましいでしょう。

名義変更を行うタイミング

名義変更を行なうタイミングは、購入時、もしくは納車後に速やかに行なわれるのが良い、といわれています。
道路運送車両法第13条では、車を購入もしくは納車してもらった日から15日以内に届出を出さなければならないと定められています。
特に罰則があるというわけではありませんが、更に手続が増えたりなど、面倒なことが多くなりますので、早めに済ませるのが得策です。
名義変更には不備の無い状態での書類が必要です。不備があると何度も書類を準備し直したりなど、右往左往しなければならなくなってしまいますので、注意しましょう。
特に自分で初めて名義変更を行おうとした場合などには、こういった事態に陥って、期限までに間に合わない可能性がありますので、手数料を払ってでも、中古車販売店に名義変更の代行をお願いする方もいらっしゃいます。

名義変更の方法

まずは必要書類を揃えましょう。
事前に市役所などで印鑑証明を取得し、警察署で車庫証明を入手しておきます。
自力で名義変更の手続を行なう場合は、中古車販売店から、自動車検査証、旧所有者の実印が押してある譲渡証明書、印鑑証明書、委任状が手渡されるはずですので、確認し、これを持っておく必要があります。
書類が揃ったら実印を持って、購入した車に乗り、住所管轄の運輸支局か陸運局に向かいます。
手数料納付所というところで、必要事項を記入し、500円(注釈1)の印紙を貼ります。
その後100円程度(注釈1)の申請書を購入し、必要事項を記入すると同時に、自動車税・自動車取得税申告書にも記入をします。
これを窓口に提出し、書類に不備がないか確認してもらいます。
無事書類に不備がないことが確認されたら、自分名義の自動車検査証が出来上がることになります。
(注釈1)各種代金は2014年2月時点のものです。また、申請書の代金は地域によって異なります。

中古車販売店で名義変更を代行してもらう場合

名義変更に関する対応は、中古車販売店によって異なります。
多くの中古車販売店は代行をしてくれますが、これらを無料で行なってくれるか、有料で行なってくれるかは、それぞれの中古車販売店によって異なります。見積り書を確認した上で、名義変更の代行にかかる費用が高いようであれば、その旨を相談し、節約したければ、自分で行なうという選択肢もあるでしょう。
代行をお願いした場合は、手続が済んだ際にきちんと名義変更がされているか、自動車検査証を確認しましょう。
所有者の欄に、ご自身の名前が記載されていれば、名義変更の手続が完了しているということですので、ご安心ください。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するタグから記事を探す