クルマのお役立ち情報[2017.02.16 UP]

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フェラーリ GTC4 ルッソ FERRARI GTC4 Lusso
フェラーリ GTC4 ルッソ
写真●フェラーリ・ジャパン

 低燃費でさらにエコカー減税、室内は広々で実用性も申し分なし、そしてプライスもお得感抜群・・・。たしかに、一般的に考えられる「いいクルマ」とはそういうものかもしれません。でも、街を走るクルマに心奪われる瞬間、経済面や機能性だけでは物足りなく思う気持ちに気づきます。今日、国産車と変わらぬ機能性を持ち合わせる輸入車ですが、「ラグジュアリーモデル」においてはまさにひとり舞台。我々を夢見心地にさせてくれる圧倒的なオーラを放つのです。今回は、歴史に裏打ちされた「ブランド」こそが成し得る、めくるめく高級車の世界をご覧いただきます!

キーワードは「多様性」
スーパースポーツとSUVの魅力を1台に凝縮したスーパーマシン
これが、フェラーリの回答

フェラーリ GTC4 ルッソ

フェラーリ伝統のV12エンジンを積み、最高時速335km/hで疾走できる「フェラーリ GTC4 Lusso」。怒涛のパフォーマンスを誇るGTは、4WDで4名乗車ができるという革新的なフェラーリでもある。アクティブなレジャーにも対応する、世にも贅沢なスーパーマシンを本国イタリアでテストドライブした。

これまでにはなかった走りと機能、贅沢の融合

 レースシーンで数々の伝説を築き、多くのスーパースポーツを世に送り出してきた「フェラーリ」。

 文字どおり生粋のスポーツカーブランドなのだが、昨年リリースされた12気筒エンジン搭載モデル「GTC4ルッソ」は、「4人乗りで4WD」という独創性で、世界中の富裕層から熱い注目を浴びている。

 思い起こせば、フェラーリにとってはじめての4WDモデルは、2011年登場の「FF」だった。高い動力性能に十分な室内空間とラゲッジスペースを備えるという難しいハードルを越えて衝撃をもたらした。そして、GTC4ルッソはその後継モデル。卓越した走りと高いユーティリティを備えたGTへと大きな進化を遂げていた。

 爽やかに晴れ渡ったイタリアの空の下、高回転型のV12エンジンが心地よい力感のある音色を奏で、GTC4ルッソは、極上のハンドリングと豊かなフィーリングをもたらしてくれた。ただし、ドライバーが望めばもちろん、700馬力近いパワーが、剛性感の極めて高いボディをとてつもない速さで前に移動させる。そう、スポーツモデルとしてのポテンシャルは言うに及ばず、まさしくフェラーリなのだ。

 そして、4WDシステムが滑りやすいダートから雪山まで、あらゆる路面、状況下で圧倒的なパフォーマンスを発揮する。さらに、室内やラゲッジ空間のゆとりのキャパシティが、アウトドアレジャーやスポーツクルージング、そして友人や家族との旅行も可能にしてくれる。スポーツカーでありながらセダンやSUVのような感覚で付き合える4シーター・フェラーリ。それは、これまでどのスーパースポーツやラグジュアリースポーツも到達したことのない、未知の領域に存在するクルマと言えるだろう。

 F1をはじめとするレースシーン、そして市販モデルにおいても、つねに世界最高峰のポテンシャルを示し続けてきたフェラーリ。このGTC4ルッソは、輝かしいその歴史に、さらなる輝きを加えるモデルとなりそうだ。

フェラーリ GTC4 ルッソ
贅を尽くした空間と優れた実用性

 アクティブで優雅なライフスタイルをイメージさせるシューティングブレークのようなスタイリング。F1マシンを思わせるステアリングが存在感を見せるコクピットは、贅沢と高い機能性が同居する洗練された空間だ。室内は後席まで、明るく広々としていてロングドライブでも快適そうだ。ハイライフの最強パートナーとして、ユーザーの要望にハイレベルにこたえてくれる。居住性はさらに高まり、身体で感じる安心感と視覚がもたらす開放感のバランスは秀逸だ。

フェラーリ GTC4 ルッソ

フェラーリ GTC4 ルッソ

フェラーリ GTC4 ルッソ

ターボによるエンジンのダウンサイジングが主流の今日、V型12気筒、6262ccという大排気量のエンジンはもはや貴重な存在だ。

フェラーリ GTC4 ルッソ

コクピットに座ると、計器類のわかりやすさ、操作系の機能性の高さにフェラーリが誇るエンジニアリングの先進性が感じられる。

フェラーリ GTC4 ルッソ

0-100km/h加速は、わずか3.4秒という怒涛の加速を見せる。最高時速も335km/hと、ポテンシャルはまさに超高性能スポーツ。

フェラーリ GTC4 ルッソ(7速F1デュアルクラッチ)

全長×全幅×全高 4922×1980×1383mm
ホイールベース 2990mm
トレッド前/後 1674/1668mm
車両重量 1790kg
エンジン V12DOHC
総排気量 6262cc
最高出力 690ps/8000rpm
最大トルク 71.1kg m/5750rpm
ブレーキ前後 Vディスク
タイヤサイズ前・後 245/35ZR20・295/35ZR20
新車価格 3470万円

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する車種から記事を探す

関連するタグから記事を探す