中古車を探す

登録台数430,667

ID車両登録台数133,503

検索対象
キーワード
価格帯
 〜 
年式(初年度登録)
走行距離
地域
北海道
東北
関東
甲信越
東海
北陸
関西
四国
中国
九州
沖縄
並び替え
この条件で検索する検索条件をクリアする

メーカーから探す

オンライン予約でスマートに!あんしん・なっとくの中古車探し

ボディタイプから探す

特集から探す

価格から探す

検索する

中古車販売店レビュー

すべての販売店レビューをみる 中古車販売店レビューを投稿する

クルマレビュー

すべてのクルマレビューをみる

中古車購入に関する徹底解説

中古車のグーネットについて

中古車検索のことならグーネット!グーネットは業界最大級の中古車登録台数約40万台を誇るクルマのポータルサイトです。あなたのお探しの中古車情報が満載。トヨタ、日産、ホンダ、マツダなどの人気メーカーや輸入車の中古車車両価格が簡単に検索可能です。その他、ワゴンやセダンといったボディタイプ別の検索や最新自動車カタログなど最新のクルマ情報もいっぱい♪そして、ランキング、口コミ、保険、車検や買取・査定など購入以外にもあなたのカーライフ全般をサポートする為のお役立ち情報が満載です!

あなたへのオススメは
軽自動車(セダンタイプ)です。

軽自動車とは

全長が3,400mm以下、排気量が660cc以下、乗車定員が4名以下の小さな車。小回りが利くため取り回しが容易であり、燃費も良く、税金も安いのが特徴。その分車のパワーや走行安定性が劣る。

おすすめ車種

アルトをベースに、女性向けのデザインで仕立てた軽自動車。低めのルーフが特徴で、室内空間はハイト系ワゴンモデルに劣るものの、運転しやすいのが魅力。キュートな内外装、豊富なボディカラーも注目のポイント。

スズキのもっともベーシックな軽自動車。初代の登場は1979年で、手頃な価格と扱いやすさにより古くから日本で親しまれてきた。最新型は8代目となり、初代のデザインをモチーフにしている。使い勝手に優れた1台だ。

クラシックMiniを彷彿とさせるスタイルが特徴の軽自動車。ベースとなるのはミラだが、内外装は専用仕立て。全高が低いので実用面ではトールワゴンに譲るものの、強い個性と豊富なアフターパーツが魅力のクルマ。

あなたへのオススメは
軽自動車(ワゴンタイプ)です。

軽自動車とは

全長が3,400mm以下、排気量が660cc以下、乗車定員が4名以下の小さな車。小回りが利くため取り回しが容易であり、燃費も良く、税金も安いのが特徴。その分車のパワーや走行安定性が劣る。

おすすめ車種

全高1750mmというトールタイプの軽自動車。スライドドアを採用して乗り降りもしやすく、老若男女幅広いユーザー層に支持されている。インテリアは明るいデザインで、荷物も沢山積めるので、レジャーにもぴったりだ。

全高1630mmのゆとりある室内を持つハイト系軽ワゴン。最新型は2014年12月に登場し、ボディ骨格やサスペンションまわりを一新。軽自動車の枠を超えた質感を身につけた。力強い外観のムーヴカスタムも選べる。

使い勝手に優れた軽として、ライバルのムーヴに先駆けて1993年に初代が誕生。現行型はモーターがエンジンアシストを行うSエネチャージを設定し、燃費にもこだわった。カスタム系のスティングレーも用意される。

あなたへのオススメは
軽自動車(SUVタイプ)です。

軽自動車とは

全長が3,400mm以下、排気量が660cc以下、乗車定員が4名以下の小さな車。小回りが利くため取り回しが容易であり、燃費も良く、税金も安いのが特徴。その分車のパワーや走行安定性が劣る。

おすすめ車種

頑丈なシャシーや悪路での接地性が高いリジッドサスペンションを採用するなど、本格的なオフローダーとしても名高い軽自動車。小さいボディを生かして、狭い林道やぬかるんだ道などで大活躍してくれる。

SUVのような力強さと丸型ヘッドライトによる高いデザイン性が光る軽自動車。ジムニーのような本格的な悪路走破性能は持たないものの、カジュアルで幅広く使えるクルマ。インパネもカラフルで、楽しさにあふれる。

本格オフロード車の名車であるパジェロシリーズの最小モデルがパジェロミニ。軽自動車の規格となるが、つくりはパジェロ譲りの本格派。シティユースから悪路までこなせるのが魅力。ジムニーのライバルとして知られる。

あなたへのオススメは
コンパクトカー(国産車)です。

コンパクトカーとは

おおよそ全長が4,200mmまでの小型車で排気量が1,000ccから1,500ccのものが多い。軽自動車と比べて少しパワーがあるが、車両価格および維持費が少し高い。

おすすめ車種

燃料タンクを車体中央に巧みに配置し、コンパクトカーながら当時としては異例の室内の広さを実現していた。最新モデルは2013年9月に登場した3代目で、最新世代のエンジンを搭載。ハイブリッドも用意される。

マーチよりもひとまわり大きなコンパクトカー。やや高めの全高の恩恵で、リヤシートの居住性が高いのが特徴。現行型が登場したのは2012年で、デザインは一層スタイリッシュに。幅広い用途で使えるクルマである。

トヨタのベーシックなコンパクトカーがヴィッツ。全長3885mmのサイズは、このクラスのなかでも比較的小型で、だれにでも扱いやすい。スポーティな「RS」や、さらに走りに振った「G’s」を設定するのも特徴。

あなたへのオススメは
コンパクトカー(輸入車)です。

コンパクトカーとは

おおよそ全長が4,200mmまでの小型車で 排気量が1,000ccから1,500ccのものが 多い。軽自動車と比べて少しパワーがある が、車両価格および維持費が少し高い。

おすすめ車種

かつて英国の国民車だったスモールカー。現在はBMWがブランドを所有し、プレミアムなコンパクトカーとして英国で生産されている。だれにでも「MINI」とわかるキュートなデザインと、スポーティな走りが持ち味。

高級感ある内外装と、日本でも使いやすいボディサイズを持つファミリー向けのモデル。輸入車としては手頃な価格ながらも、重厚感のある乗り心地が特徴。走りに振った「GTI」、さらに高性能な「R」も選べる。

BMWのなかで最小サイズのモデルが1シリーズ。同クラスのライバルのなかで唯一の後輪駆動方式を採用するのが大きな特徴。その恩恵は走りによく表れており、ドライビングが存分に楽しめるクルマである。

あなたへのオススメは
コンパクトカー(ハイブリッド・EV車)です。

コンパクトカーとは

おおよそ全長が4,200mmまでの小型車で 排気量が1,000ccから1,500ccのものが 多い。軽自動車と比べて少しパワーがある が、車両価格および維持費が少し高い。

おすすめ車種

ハイブリッド専用のコンパクトカー。ハイブリッドシステムと小さく軽い車体のおかげで、JC08モード燃費37.0km/Lという優秀な燃費性能を誇る。スタンダードなモデルのほか、クロスオーバーの「Xアーバン」も設定。

燃料タンクを車体中央に巧みに配置し、コンパクトカーながら当時としては異例の室内の広さを実現していた。最新モデルは2013年9月に登場した3代目で、最新世代のエンジンを搭載。ハイブリッドも用意される。

エンジンを持たず、モーターのみで走行する電気自動車。大容量リチウムイオンバッテリーを積み、最新型では280kmの航続距離を実現している。モーターによる独特の走行フィールは、いちど体験するとやみつきに。

あなたへのオススメは
コンパクトカー(国産車)です。

コンパクトカーとは

おおよそ全長が4,200mmまでの小型車で排気量が1,000ccから1,500ccのものが多い。軽自動車と比べて少しパワーがあるが、車両価格および維持費が少し高い。

おすすめ車種

燃料タンクを車体中央に巧みに配置し、コンパクトカーながら当時としては異例の室内の広さを実現していた。最新モデルは2013年9月に登場した3代目で、最新世代のエンジンを搭載。ハイブリッドも用意される。

マーチよりもひとまわり大きなコンパクトカー。やや高めの全高の恩恵で、リヤシートの居住性が高いのが特徴。現行型が登場したのは2012年で、デザインは一層スタイリッシュに。幅広い用途で使えるクルマである。

トヨタのベーシックなコンパクトカーがヴィッツ。全長3885mmのサイズは、このクラスのなかでも比較的小型で、だれにでも扱いやすい。スポーティな「RS」や、さらに走りに振った「G’s」を設定するのも特徴。

あなたへのオススメは
コンパクトカー(輸入車)です。

コンパクトカーとは

おおよそ全長が4,200mmまでの小型車で 排気量が1,000ccから1,500ccのものが 多い。軽自動車と比べて少しパワーがある が、車両価格および維持費が少し高い。

おすすめ車種

かつて英国の国民車だったスモールカー。現在はBMWがブランドを所有し、プレミアムなコンパクトカーとして英国で生産されている。だれにでも「MINI」とわかるキュートなデザインと、スポーティな走りが持ち味。

高級感ある内外装と、日本でも使いやすいボディサイズを持つファミリー向けのモデル。輸入車としては手頃な価格ながらも、重厚感のある乗り心地が特徴。走りに振った「GTI」、さらに高性能な「R」も選べる。

BMWのなかで最小サイズのモデルが1シリーズ。同クラスのライバルのなかで唯一の後輪駆動方式を採用するのが大きな特徴。その恩恵は走りによく表れており、ドライビングが存分に楽しめるクルマである。

あなたへのオススメは
コンパクトカー(ハイブリッド・EV車)です。

コンパクトカーとは

おおよそ全長が4,200mmまでの小型車で 排気量が1,000ccから1,500ccのものが 多い。軽自動車と比べて少しパワーがある が、車両価格および維持費が少し高い。

おすすめ車種

ハイブリッド専用のコンパクトカー。ハイブリッドシステムと小さく軽い車体のおかげで、JC08モード燃費37.0km/Lという優秀な燃費性能を誇る。スタンダードなモデルのほか、クロスオーバーの「Xアーバン」も設定。

燃料タンクを車体中央に巧みに配置し、コンパクトカーながら当時としては異例の室内の広さを実現していた。最新モデルは2013年9月に登場した3代目で、最新世代のエンジンを搭載。ハイブリッドも用意される。

エンジンを持たず、モーターのみで走行する電気自動車。大容量リチウムイオンバッテリーを積み、最新型では280kmの航続距離を実現している。モーターによる独特の走行フィールは、いちど体験するとやみつきに。

あなたへのオススメは
セダン(国産車)です。

セダンとは

エンジンルーム、居住空間、トランクが独立した3ボックス型の乗用車。1980年代頃までは2ドアセダンも存在したが、現在のセダンは4ドアが主流となっている。ボディサイズはさまざまだが、自動車の基本形と言える。

おすすめ車種

スバル自慢の四輪駆動と水平対向というユニークなエンジンを搭載するミドルクラスの4ドアセダン。かつては走りを重視したスペックでスポーティなイメージも打ち出していたが、最近は上質で落ち着いた走り味を特徴としている。

心地よい上質な室内空間を目指した4ドアセダン。同じ日産の上級セダンであるスカイラインに対し、こちらはよりラグジュアリーな雰囲気と、助手席オットマンを始めとする快適装備が大きな特徴となっている。

トヨタの上級セダンに位置付けられるカムリ。1980年に登場したセリカカムリが起源で、現在は9代目となる。現行モデルは、日本仕様ではハイブリッド専用車となり23.4km/Lという低燃費が自慢。室内も広く快適だ。

あなたへのオススメは
セダン(輸入車)です。

セダンとは

エンジンルーム、居住空間、トランクが独立した3ボックス型の乗用車。1980年代頃までは2ドアセダンも存在したが、現在のセダンは4ドアが主流となっている。ボディサイズはさまざまだが、自動車の基本形と言える。

おすすめ車種

ボディサイズが手頃で扱いやすく、古くから人気のあるスポーティセダン。その最大の特徴はスポーティな乗り味にあり、ドライバーズカーとして名高い。現行型はプラグインハイブリッドやディーゼル仕様も選べる。

メルセデスのミドルクラスセダン。1993年に初代が登場し、現行型は4代目(W205)となる。「小さな高級車」を伝統としており、スタイルも最上機種であるSクラスをモチーフとしている。扱いやすいサイズなのも魅力だ。

4社の自動車メーカーが1932年に合同して誕生した、ドイツの歴史あるブランド。A4はその中核をなすモデルで、シンプルかつ美しいスタイルが魅力。クワトロと呼ばれる四輪駆動モデルも設定し、人気を呼んでいる。

あなたへのオススメは
セダン(ハイブリッド車)です。

セダンとは

エンジンルーム、居住空間、トランクが独立した3ボックス型の乗用車。1980年代頃までは2ドアセダンも存在したが、現在のセダンは4ドアが主流となっている。ボディサイズはさまざまだが、自動車の基本形と言える。

おすすめ車種

ハイブリッドカーのパイオニア。初代が登場したのは1997年で、2015年に登場した現行型は4代目。最新モデルでは、クラスを超えた重厚な走りとJC08モード燃費40.8km/L(Eグレード)という超低燃費が自慢。

リーズナブルなプライスとJC08モード燃費27.2km/Lという低燃費を両立したハイブリッド専用車。流線型のボディながらもリヤシートには大人がしっかり座れる空間を確保。ホンダらしい軽快かつスポーティな走りも魅力だ。

プリウスの上位モデルとして2009年に登場したハイブリッド専用のセダン。ひとクラス上の上質な内外装が特徴で、室内にもゆとりがある。エンジンは2.4Lとなり、プリウスよりもパワフル。JC08モード燃費は22.4km/L。

あなたへのオススメは
ワゴン(国産車)です。

ワゴンとは

セダンをベースに、居住空間と繋がった広い荷室を持つタイプの乗用車。ミニバンとは異なり重心高が低く、走りはもちろん、スタイリングや実用性を両立するのが大きな特徴。ミドルサイズのモデルが多い傾向にある。

おすすめ車種

スポーティな走りと高い実用性で90年代から人気が続くミドルサイズのステーションワゴン。世代を重ねるごとにサイズアップし、室内空間にゆとりが増している。一部グレードにはマニュアルミッションも設定されている。

レガシィよりもひとまわり小型のステーションワゴン。すべてのグレードがターボ+4WDモデルとなり、より一層スポーティな走りが楽しめる1台。自動ブレーキ「アイサイト」はほとんどのグレードに標準装備されている。

スカイラインをベースとした大型ステーションワゴン。後輪駆動を生かしたスポーティなハンドリングが持ち味。またゆとりある室内空間を生かし、荷物をたっぷり積み込めるのも大きな魅力。さまざまなシーンで活躍してくれる。

あなたへのオススメは
ワゴン(輸入車)です。

ワゴンとは

セダンをベースに、居住空間と繋がった広い荷室を持つタイプの乗用車。ミニバンとは異なり重心高が低く、走りはもちろん、スタイリングや実用性を両立するのが大きな特徴。ミドルサイズのモデルが多い傾向にある。

おすすめ車種

3シリーズセダンをベースとしたステーションワゴン。走りの楽しさはセダン譲り。現行モデルはクリーンディーゼルを設定するのも特徴で、力強く豪快な加速が味わえる。走りと実用性を兼ね備えたモデルである。

最新世代のA4アバントは、洗練された外観デザインが特徴。室内のクオリティもプレミアムブランドらしい水準にあるので、高級ワゴンがほしいひとにオススメ。セダンと同じく、前輪駆動とクワトロ(4WD)から選べる。

プレミアムブランドとして名高いメルセデスのミドルクラスワゴン。Cクラスセダン同様落ち着いた雰囲気で、重厚感のある走りが特徴。後席は40:20:40分割可能で、自在なアレンジでワゴンとしての使い勝手を高めている。

あなたへのオススメは
ワゴン(ハイブリッド車)です。

ワゴンとは

セダンをベースに、居住空間と繋がった広い荷室を持つタイプの乗用車。ミニバンとは異なり重心高が低く、走りはもちろん、スタイリングや実用性を両立するのが大きな特徴。ミドルサイズのモデルが多い傾向にある。

おすすめ車種

プリウスをベースに、広い室内を与えたモデルがプリウスα。シート配列が2列の5人乗り仕様と3列の7人乗り仕様が設定される。5人乗り仕様は、スペースを荷室に当てているので、荷物をたくさん積む時に便利だ。

フィットをベースに、荷室部分を延長してコンパクトなワゴンに仕立てたのがフィットシャトル。そのハイブリッド仕様であるフィットシャトルハイブリッドは、最大26.2km/Lという低燃費が自慢。経済性と実用性を両立した1台。

カローラベースのワゴンモデル。万人が使いやすいと感じるちょうどよいボディサイズでいて、荷室の広さも必要十分。ハイブリッド仕様では最大33.8km/Lという優れた燃費性能も魅力。マルチに使える便利なクルマ。

あなたへのオススメは
ミニバン(国産車・小型タイプ)です。

ミニバンとは

ゆとりある室内空間を持ち、多人数が快適に過ごせるタイプの乗用車。多くの場合3列シートで乗車定員は7名〜8名となり、ボディサイズなどのバリエーションは豊富に存在する。人気があるのは全高が高いボックス型だ。

おすすめ車種

全長4235mmのコンパクトなボディに3列シートを収めたスモールミニバン。両側スライドドアや低床の室内など、小さくてもミニバンとしての使い勝手をしっかりキープ。現行モデルは個性あふれるフロントデザインを採用している。

スポーティなデザインのスモールミニバンがフリード。普段は広々した5人乗り、いざというときに3列目を使って7人乗りといった使い方ができる。燃費に優れたハイブリッドも設定する。日常からレジャーまで使える1台。

全長およそ4mの小型ボディを持ちながら、大人7人が座れる室内空間を実現したスモールミニバン。初期型は、ヨーロッパの路面電車をイメージした斬新なスタイルが特徴だった。両側スライドドアを採用するので実用性が高い。

あなたへのオススメは
ミニバン(国産車・中型タイプ)です。

ミニバンとは

ゆとりある室内空間を持ち、多人数が快適に過ごせるタイプの乗用車。多くの場合3列シートで乗車定員は7名〜8名となり、ボディサイズなどのバリエーションは豊富に存在する。人気があるのは全高が高いボックス型だ。

おすすめ車種

5ナンバーサイズ(一部グレードは3ナンバー)の中型サイズミニバン。トヨタ ノアの兄弟車でもあり、ボディやメカニズムを共有する。ヴォクシーは力強いスタイルを採用し、個性を演出。現行型はハイブリッドも設定する。

ボディは5ナンバーサイズに収めながらも、広大な室内空間を実現した中型ミニバン。2015年に登場した現行型は、1.5L直噴ターボエンジンを搭載し、力強い加速を実現する。外観の個性を強めた「スパーダ」も選べる。

トヨタ ヴォクシーの兄弟車であるノアは、5ナンバーサイズの扱いやすいボディを採用するのが特徴。一見大きなクルマに見えるものの、意外と運転初心者でも楽に取りまわせる。3列目には大人も座れるので実用性が高い。

あなたへのオススメは
ミニバン(国産車・大型タイプ)です。

ミニバンとは

ゆとりある室内空間を持ち、多人数が快適に過ごせるタイプの乗用車。多くの場合3列シートで乗車定員は7名〜8名となり、ボディサイズなどのバリエーションは豊富に存在する。人気があるのは全高が高いボックス型だ。

おすすめ車種

トヨタの最上級ミニバンがヴェルファイア。押し出し感の強いデザインと豪華な内装は、ミニバンの世界のプレミアムカー。大人がフル乗員してもゆとりの室内空間と、至れり尽くせりの装備が特徴。走りも優雅でリラックスできる。

ヴェルファイアとメカニズムを共有する兄弟車。ヴェルファイアと比べるとファミリー層向けの落ち着いたデザインを採用している。室内は豪華絢爛で、3列目も大人が余裕をもって座ることが可能。ハイブリッドも設定している。

ホンダの上級ミニバン。先代は車高を低く抑えたスタイルだったが、現行型はゆとりあるボディサイズでひとクラス上の質感を身につけた。スポーティな「アブソルート」やJC08モード燃費26.0km/Lのハイブリッドも選べる。

あなたへのオススメは
ミニバン(輸入車)です。

ミニバンとは

ゆとりある室内空間を持ち、多人数が快適に過ごせるタイプの乗用車。多くの場合3列シートで乗車定員は7名〜8名となり、ボディサイズなどのバリエーションは豊富に存在する。人気があるのは全高が高いボックス型だ。

おすすめ車種

VWゴルフをベースに、3列7シーターを備えたモデルがゴルフトゥーラン。高級車のような落ち着いた乗り味が特徴で、高速道路などでも安定した走りが楽しめる。日本でも扱いやすいサイズなのに室内が広いのも大きな魅力。

大排気量エンジンを搭載した大型ミニバン。全長はおよそ4.8mと国産最上級ミニバンよりも小さいが、全幅が広く8名乗車でもゆとりがある。カスタムのベース車としても使われており、生産終了から時間が経った今でも人気。

メルセデスの大型ミニバン。2015年10月に導入された現行型は、2.2Lターボディーゼルエンジンを搭載。標準ボディのほか、「ロング」、「エクストラロング」も用意。荷室の広さはそれぞれ違うが、乗車定員はすべて7名。

あなたへのオススメは
ミニバン(ハイブリッド車)です。

ミニバンとは

ゆとりある室内空間を持ち、多人数が快適に過ごせるタイプの乗用車。多くの場合3列シートで乗車定員は7名〜8名となり、ボディサイズなどのバリエーションは豊富に存在する。人気があるのは全高が高いボックス型だ。

おすすめ車種

プリウスをベースに、広い室内を与えたモデルがプリウスα。シート配列が2列の5人乗り仕様と3列の7人乗り仕様が設定される。5人乗り仕様は、スペースを荷室に当てているので、荷物をたくさん積む時に便利だ。

ファミリー層にぴったりの5ナンバーサイズミニバン。運転のしやすさにこだわっており、扱いやすいボディと相まって初心者にもオススメできる1台。明るい雰囲気の内外装も魅力だが、クール系のハイウェイスターも人気。

コンパクトなボディに3列シートを収めたフリード。それをベースにしたハイブリッドカーがこのモデル。モーターのみの走行も可能で、JC08モード燃費は21.6km/Lを実現している。燃費と実用性を高いレベルで両立した1台。

あなたへのオススメは
コンパクトカーです。

コンパクトカーとは

おおよそ全長が4,200mmまでの小型車で排気量が1,000ccから1,500ccのものが多い。軽自動車と比べて少しパワーがあるが、車両価格および維持費が少し高い。

おすすめ車種

燃料タンクを車体中央に巧みに配置し、コンパクトカーながら当時としては異例の室内の広さを実現していた。最新モデルは2013年9月に登場した3代目で、最新世代のエンジンを搭載。ハイブリッドも用意される。

マーチよりもひとまわり大きなコンパクトカー。やや高めの全高の恩恵で、リヤシートの居住性が高いのが特徴。現行型が登場したのは2012年で、デザインは一層スタイリッシュに。幅広い用途で使えるクルマである。

トヨタのベーシックなコンパクトカーがヴィッツ。全長3885mmのサイズは、このクラスのなかでも比較的小型で、だれにでも扱いやすい。スポーティな「RS」や、さらに走りに振った「G’s」を設定するのも特徴。

あなたへのオススメは
コンパクトカー(ハイブリッド・EV車)です。

コンパクトカーとは

おおよそ全長が4,200mmまでの小型車で 排気量が1,000ccから1,500ccのものが 多い。軽自動車と比べて少しパワーがある が、車両価格および維持費が少し高い。

おすすめ車種

ハイブリッド専用のコンパクトカー。ハイブリッドシステムと小さく軽い車体のおかげで、JC08モード燃費37.0km/Lという優秀な燃費性能を誇る。スタンダードなモデルのほか、クロスオーバーの「Xアーバン」も設定。

燃料タンクを車体中央に巧みに配置し、コンパクトカーながら当時としては異例の室内の広さを実現していた。最新モデルは2013年9月に登場した3代目で、最新世代のエンジンを搭載。ハイブリッドも用意される。

エンジンを持たず、モーターのみで走行する電気自動車。大容量リチウムイオンバッテリーを積み、最新型では280kmの航続距離を実現している。モーターによる独特の走行フィールは、いちど体験するとやみつきに。

あなたへのオススメは
セダン高級車(国産車)です。

セダンとは

エンジンルーム、居住空間、トランクが独立した3ボックス型の乗用車。1980年代頃までは2ドアセダンも存在したが、現在のセダンは4ドアが主流となっている。ボディサイズはさまざまだが、自動車の基本形と言える。

おすすめ車種

ラグジュアリーなイメージがあるクラウンだが、アスリートはスポーティなイメージを押し出したシリーズ。フロントグリルが専用デザインとなるほか、パワフルな3.5Lエンジンも設定。積極的に走るのが好きな人にオススメ。

トヨタの上級セダンがクラウン。現行モデルはロイヤル、アスリート、マジェスタの3モデル構成となるが、もっともスタンダードなシリーズがロイヤル。上品な佇まいと落ち着いた走りが特徴。ハイブリッドモデルも設定する。

レクサスブランドのフラッグシップに位置付けられる高級セダン。最上級モデルにふさわしい高品質な内外装と静粛性の高い走り、そして国産車ならではの親しみやすさが注目のポイント。ハイブリッドモデルも設定する。

あなたへのオススメは
セダン高級車(輸入車)です。

セダンとは

エンジンルーム、居住空間、トランクが独立した3ボックス型の乗用車。1980年代頃までは2ドアセダンも存在したが、現在のセダンは4ドアが主流となっている。ボディサイズはさまざまだが、自動車の基本形と言える。

おすすめ車種

ボディサイズが手頃で扱いやすく、古くから人気のあるスポーティセダン。その最大の特徴はスポーティな乗り味にあり、ドライバーズカーとして名高い。現行型はプラグインハイブリッドやディーゼル仕様も選べる。

メルセデスのセダンのなかで、最上位に位置付けられるのがSクラス。最新型では、自動運転に近づいた進化したレーダーセーフティパッケージなど世界初のテクノロジーがふんだんに取り入れられたのが話題となった。

Sクラスよりひとまわり小さいものの、扱いやすさとプレミアム性を両立した高級セダン。先進装備を採用するなど、装備が充実しているのもポイント。歴史あるメルセデスのアッパーミドルクラスを存分に味わえるクルマだ。

あなたへのオススメは
セダン高級車(ハイブリッド車)です。

セダンとは

エンジンルーム、居住空間、トランクが独立した3ボックス型の乗用車。1980年代頃までは2ドアセダンも存在したが、現在のセダンは4ドアが主流となっている。ボディサイズはさまざまだが、自動車の基本形と言える。

おすすめ車種

ラグジュアリーなイメージがあるクラウンだが、アスリートはスポーティなイメージを押し出したシリーズ。フロントグリルが専用デザインとなるほか、パワフルな3.5Lエンジンも設定。積極的に走るのが好きな人にオススメ。

レクサスブランドのフラッグシップに位置付けられる高級セダン。最上級モデルにふさわしい高品質な内外装と静粛性の高い走り、そして国産車ならではの親しみやすさが注目のポイント。ハイブリッドモデルも設定する。

トヨタの上級セダンがクラウン。現行モデルはロイヤル、アスリート、マジェスタの3モデル構成となるが、もっともスタンダードなシリーズがロイヤル。上品な佇まいと落ち着いた走りが特徴。ハイブリッドモデルも設定する。

あなたへのオススメは
クーペ高級車(国産車)です。

クーペとは

滑らかなルーフラインを持ち、室内のスペースよりもデザイン性を重視したタイプの乗用車。かつては2ドアのみだったが、ここ最近はドアの枚数にこだわらず4ドアのクーペも増加中。パーソナルで趣味性が高い傾向。

おすすめ車種

最新型は2014年に登場した13代目で、今まで以上に上質さを追求。歴代モデルの特徴だったスポーティな走りがさらにレベルアップ。ハイブリッドも設定するなどバリエーションが豊富だ。

クーペとオープンカーの長所をあわせ持つラグジュアリーカー。金属製の屋根がボタン操作で自動的に開閉ができるのが特徴。高級セダンと同じエンジンを搭載し、スポーティというより、快適性を重視した走りを披露してくれる。

ダイナミックなスタイルが魅力のクーペ。上質なしつらえのインテリアも見どころで、スポーティな走りからリラックスした快適ドライブまで広くカバーしている。ハイブリッド仕様のほか、高性能モデルのRC Fも用意される。

あなたへのオススメは
クーペ高級車(輸入車)です。

クーペとは

滑らかなルーフラインを持ち、室内のスペースよりもデザイン性を重視したタイプの乗用車。かつては2ドアのみだったが、ここ最近はドアの枚数にこだわらず4ドアのクーペも増加中。パーソナルで趣味性が高い傾向。

おすすめ車種

3シリーズの名前が与えられるが、ボディパネルのほとんどがオリジナルのデザインを採用する。とくにフロントデザインはセダンよりもスポーティなテイストになる。スポーツ性も高く、運転を積極的に楽しめる1台である。

大型サイズの2ドアが6シリーズクーペ。スポーティな走りも得意だが、本質は長距離を速く快適に走れるグランドツアラー的なポジション。実用性を重視するなら、4ドアのグランクーペも選択可能。高性能版「M6」も設定する。

低く構えたデザインは3シリーズセダンよりも精悍かつスポーティ。それでいながら、後席の居住性は大人が十分座れる範囲なので、実用性を犠牲にしない2ドア車がほしいひとにぴったり。4ドア版のグランクーペも選べる。

あなたへのオススメは
ワゴン高級車です。

ワゴンとは

セダンをベースに、居住空間と繋がった広い荷室を持つタイプの乗用車。ミニバンとは異なり重心高が低く、走りはもちろん、スタイリングや実用性を両立するのが大きな特徴。ミドルサイズのモデルが多い傾向にある。

おすすめ車種

3シリーズセダンをベースとしたステーションワゴン。走りの楽しさはセダン譲り。現行モデルはクリーンディーゼルを設定するのも特徴で、力強く豪快な加速が味わえる。走りと実用性を兼ね備えたモデルである。

最新世代のA4アバントは、洗練された外観デザインが特徴。室内のクオリティもプレミアムブランドらしい水準にあるので、高級ワゴンがほしいひとにオススメ。セダンと同じく、前輪駆動とクワトロ(4WD)から選べる。

Eクラスがベースとなるゆえ、ラゲッジルームは広大。高品質な内外装と先進の安全技術も特徴で、ロングツーリングなどに最適なモデル。走りの重厚感もセダンにひけをとらず、メルセデスの英知が込められた1台である。

あなたへのオススメは
SUV高級車です。

SUVとは

「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」の略語。乗用車の基本構造をベースに、地上高を高めて悪路にも対応したモデル。しかしここ最近、悪路走破性にこだわらず、オンロード重視のタイプも増えている。大きさも性格もさまざま。

おすすめ車種

ランドクルーザーシリーズのなかでもカジュアルさをウリとするモデルがプラド。とは言っても中身は本格的なクロスカントリーで、オフロード走行は大の得意科目。またクリーンディーゼルも設定され、環境性能と走りを両立。

ラグジュアリーな内装と存在感あるルックスが魅力のSUV。セダンのような滑らかな走りが特徴で、さらにゆとりある室内空間で快適性も十分高い。ハイブリッドも設定するが、こちらはモーターによる力強い加速が自慢だ。

レクサスブランドの上級SUVがRX。現行モデルは彫刻作品のようなエッジの効いたスタイルが特徴。豪華でモダンなインテリアも注目のポイント。「Fスポーツ」仕様は大型サイズのSUVながらもシャープな走りが楽しめる。

あなたへのオススメは
軽自動車(セダンタイプ)です。

軽自動車とは

全長が3,400mm以下、排気量が660cc以下、乗車定員が4名以下の小さな車。小回りが利くため取り回しが容易であり、燃費も良く、税金も安いのが特徴。その分車のパワーや走行安定性が劣る。

おすすめ車種

アルトをベースに、女性向けのデザインで仕立てた軽自動車。低めのルーフが特徴で、室内空間はハイト系ワゴンモデルに劣るものの、運転しやすいのが魅力。キュートな内外装、豊富なボディカラーも注目のポイント。

スズキのもっともベーシックな軽自動車。初代の登場は1979年で、手頃な価格と扱いやすさにより古くから日本で親しまれてきた。最新型は8代目となり、初代のデザインをモチーフにしている。使い勝手に優れた1台だ。

ダイハツのもっともベーシックな軽自動車がミラ。車高が高いクルマが苦手というひとにオススメ。最新型は最小回転半径が4.2mと小さく、小回りが利くので運転しやすい。JC08モード燃費も24.2km/Lと優秀な値を誇る。

あなたへのオススメは
軽自動車(ワゴンタイプ)です。

軽自動車とは

全長が3,400mm以下、排気量が660cc以下、乗車定員が4名以下の小さな車。小回りが利くため取り回しが容易であり、燃費も良く、税金も安いのが特徴。その分車のパワーや走行安定性が劣る。

おすすめ車種

使い勝手に優れた軽として、ライバルのムーヴに先駆けて1993年に初代が誕生。現行型はモーターがエンジンアシストを行うSエネチャージを設定し、燃費にもこだわった。カスタム系のスティングレーも用意される。

全高1630mmのゆとりある室内を持つハイト系軽ワゴン。最新型は2014年12月に登場し、ボディ骨格やサスペンションまわりを一新。軽自動車の枠を超えた質感を身につけた。力強い外観のムーヴカスタムも選べる。

全高1750mmというトールタイプの軽自動車。スライドドアを採用して乗り降りもしやすく、老若男女幅広いユーザー層に支持されている。インテリアは明るいデザインで、荷物も沢山積めるので、レジャーにもぴったりだ。

あなたへのオススメは
コンパクトカー(国産車)です。

コンパクトカーとは

おおよそ全長が4,200mmまでの小型車で排気量が1,000ccから1,500ccのものが多い。軽自動車と比べて少しパワーがあるが、車両価格および維持費が少し高い。

おすすめ車種

スクエアなシルエットを持ちながらも、角を丸めたデザイン処理が新鮮なコンパクトカー。左右非対称なテールゲートも見どころ。広々した室内空間で、大人でも快適に乗れるのが特徴。見ても乗っても楽しめるクルマである。

日産のもっともベーシックなコンパクトカー。ボディサイズのおかげで、運転初心者でも楽々乗れるのがメリット。その一方、NISMOによるチューニングモデルも選べる。こちらはマニュアル車を設定し、走りを楽しめる1台だ。

四角いフォルムが斬新なコンパクトカー。ボディは大きくないが、室内は広々しており実用性は十分。現行型はクルマ型ミュージックプレイヤーというコンセプトでつくられ、9スピーカーとイルミネーションを装備するのが特徴。

あなたへのオススメは
コンパクトカー(輸入車)です。

コンパクトカーとは

おおよそ全長が4,200mmまでの小型車で排気量が1,000ccから1,500ccのものが多い。軽自動車と比べて少しパワーがあるが、車両価格および維持費が少し高い。

おすすめ車種

かつて英国の国民車だったスモールカー。現在はBMWがブランドを所有し、プレミアムなコンパクトカーとして英国で生産されている。だれにでも「MINI」とわかるキュートなデザインと、スポーティな走りが持ち味。

知的で洗練されたスタイルが特徴のコンパクトカー。ボディサイズから想像される以上に乗り味は重厚感がある。各部の質感が非常に高く、世界でも高い評価を受けている1台。走り、燃費、安全性どの分野もハイレベルだ。

高級感ある内外装と、日本でも使いやすいボディサイズを持つファミリー向けのモデル。輸入車としては手頃な価格ながらも、重厚感のある乗り心地が特徴。走りに振った「GTI」、さらに高性能な「R」も選べる。

あなたへのオススメは
ミニバンです。

ミニバンとは

ゆとりある室内空間を持ち、多人数が快適に過ごせるタイプの乗用車。多くの場合3列シートで乗車定員は7名〜8名となり、ボディサイズなどのバリエーションは豊富に存在する。人気があるのは全高が高いボックス型だ。

おすすめ車種

ファミリー層にぴったりの5ナンバーサイズミニバン。運転のしやすさにこだわっており、扱いやすいボディと相まって初心者にもオススメできる1台。明るい雰囲気の内外装も魅力だが、クール系のハイウェイスターも人気。

ホンダの上級ミニバン。先代は車高を低く抑えたスタイルだったが、現行型はゆとりあるボディサイズでひとクラス上の質感を身につけた。スポーティな「アブソルート」やJC08モード燃費26.0km/Lのハイブリッドも選べる。

ボディは5ナンバーサイズに収めながらも、広大な室内空間を実現した中型ミニバン。2015年に登場した現行型は、1.5L直噴ターボエンジンを搭載し、力強い加速を実現する。外観の個性を強めた「スパーダ」も選べる。

あなたへのオススメは
ワゴン(国産車)です。

ワゴンとは

セダンをベースに、居住空間と繋がった広い荷室を持つタイプの乗用車。ミニバンとは異なり重心高が低く、走りはもちろん、スタイリングや実用性を両立するのが大きな特徴。ミドルサイズのモデルが多い傾向にある。

おすすめ車種

スポーティな走りと高い実用性で90年代から人気が続くミドルサイズのステーションワゴン。世代を重ねるごとにサイズアップし、室内空間にゆとりが増している。一部グレードにはマニュアルミッションも設定されている。

レガシィよりもひとまわり小型のステーションワゴン。すべてのグレードがターボ+4WDモデルとなり、より一層スポーティな走りが楽しめる1台。自動ブレーキ「アイサイト」はほとんどのグレードに標準装備されている。

スカイラインをベースとした大型ステーションワゴン。後輪駆動を生かしたスポーティなハンドリングが持ち味。またゆとりある室内空間を生かし、荷物をたっぷり積み込めるのも大きな魅力。さまざまなシーンで活躍してくれる。

あなたへのオススメは
ワゴン(輸入車)です。

ワゴンとは

セダンをベースに、居住空間と繋がった広い荷室を持つタイプの乗用車。ミニバンとは異なり重心高が低く、走りはもちろん、スタイリングや実用性を両立するのが大きな特徴。ミドルサイズのモデルが多い傾向にある。

おすすめ車種

3シリーズセダンをベースとしたステーションワゴン。走りの楽しさはセダン譲り。現行モデルはクリーンディーゼルを設定するのも特徴で、力強く豪快な加速が味わえる。走りと実用性を兼ね備えたモデルである。

最新世代のA4アバントは、洗練された外観デザインが特徴。室内のクオリティもプレミアムブランドらしい水準にあるので、高級ワゴンがほしいひとにオススメ。セダンと同じく、前輪駆動とクワトロ(4WD)から選べる。

プレミアムブランドとして名高いメルセデスのミドルクラスワゴン。Cクラスセダン同様落ち着いた雰囲気で、重厚感のある走りが特徴。後席は40:20:40分割可能で、自在なアレンジでワゴンとしての使い勝手を高めている。

あなたへのオススメは
ワゴン(ハイブリッド車)です。

ワゴンとは

セダンをベースに、居住空間と繋がった広い荷室を持つタイプの乗用車。ミニバンとは異なり重心高が低く、走りはもちろん、スタイリングや実用性を両立するのが大きな特徴。ミドルサイズのモデルが多い傾向にある。

おすすめ車種

プリウスをベースに、広い室内を与えたモデルがプリウスα。シート配列が2列の5人乗り仕様と3列の7人乗り仕様が設定される。5人乗り仕様は、スペースを荷室に当てているので、荷物をたくさん積む時に便利だ。

フィットをベースに、荷室部分を延長してコンパクトなワゴンに仕立てたのがフィットシャトル。そのハイブリッド仕様であるフィットシャトルハイブリッドは、最大26.2km/Lという低燃費が自慢。経済性と実用性を両立した1台。

カローラベースのワゴンモデル。万人が使いやすいと感じるちょうどよいボディサイズでいて、荷室の広さも必要十分。ハイブリッド仕様では最大33.8km/Lという優れた燃費性能も魅力。マルチに使える便利なクルマ。

あなたへのオススメは
ミニバン(国産車・小型タイプ)です。

ミニバンとは

ゆとりある室内空間を持ち、多人数が快適に過ごせるタイプの乗用車。多くの場合3列シートで乗車定員は7名〜8名となり、ボディサイズなどのバリエーションは豊富に存在する。人気があるのは全高が高いボックス型だ。

おすすめ車種

全長4235mmのコンパクトなボディに3列シートを収めたスモールミニバン。両側スライドドアや低床の室内など、小さくてもミニバンとしての使い勝手をしっかりキープ。現行モデルは個性あふれるフロントデザインを採用している。

スポーティなデザインのスモールミニバンがフリード。普段は広々した5人乗り、いざというときに3列目を使って7人乗りといった使い方ができる。燃費に優れたハイブリッドも設定する。日常からレジャーまで使える1台。

全長およそ4mの小型ボディを持ちながら、大人7人が座れる室内空間を実現したスモールミニバン。初期型は、ヨーロッパの路面電車をイメージした斬新なスタイルが特徴だった。両側スライドドアを採用するので実用性が高い。

あなたへのオススメは
ミニバン(国産車・中型タイプ)です。

ミニバンとは

ゆとりある室内空間を持ち、多人数が快適に過ごせるタイプの乗用車。多くの場合3列シートで乗車定員は7名〜8名となり、ボディサイズなどのバリエーションは豊富に存在する。人気があるのは全高が高いボックス型だ。

おすすめ車種

5ナンバーサイズ(一部グレードは3ナンバー)の中型サイズミニバン。トヨタ ノアの兄弟車でもあり、ボディやメカニズムを共有する。ヴォクシーは力強いスタイルを採用し、個性を演出。現行型はハイブリッドも設定する。

ボディは5ナンバーサイズに収めながらも、広大な室内空間を実現した中型ミニバン。2015年に登場した現行型は、1.5L直噴ターボエンジンを搭載し、力強い加速を実現する。外観の個性を強めた「スパーダ」も選べる。

トヨタ ヴォクシーの兄弟車であるノアは、5ナンバーサイズの扱いやすいボディを採用するのが特徴。一見大きなクルマに見えるものの、意外と運転初心者でも楽に取りまわせる。3列目には大人も座れるので実用性が高い。

あなたへのオススメは
ミニバン(国産車・大型タイプ)です。

ミニバンとは

ゆとりある室内空間を持ち、多人数が快適に過ごせるタイプの乗用車。多くの場合3列シートで乗車定員は7名〜8名となり、ボディサイズなどのバリエーションは豊富に存在する。人気があるのは全高が高いボックス型だ。

おすすめ車種

トヨタの最上級ミニバンがヴェルファイア。押し出し感の強いデザインと豪華な内装は、ミニバンの世界のプレミアムカー。大人がフル乗員してもゆとりの室内空間と、至れり尽くせりの装備が特徴。走りも優雅でリラックスできる。

ヴェルファイアとメカニズムを共有する兄弟車。ヴェルファイアと比べるとファミリー層向けの落ち着いたデザインを採用している。室内は豪華絢爛で、3列目も大人が余裕をもって座ることが可能。ハイブリッドも設定している。

ホンダの上級ミニバン。先代は車高を低く抑えたスタイルだったが、現行型はゆとりあるボディサイズでひとクラス上の質感を身につけた。スポーティな「アブソルート」やJC08モード燃費26.0km/Lのハイブリッドも選べる。

あなたへのオススメは
ミニバン(輸入車)です。

ミニバンとは

ゆとりある室内空間を持ち、多人数が快適に過ごせるタイプの乗用車。多くの場合3列シートで乗車定員は7名〜8名となり、ボディサイズなどのバリエーションは豊富に存在する。人気があるのは全高が高いボックス型だ。

おすすめ車種

VWゴルフをベースに、3列7シーターを備えたモデルがゴルフトゥーラン。高級車のような落ち着いた乗り味が特徴で、高速道路などでも安定した走りが楽しめる。日本でも扱いやすいサイズなのに室内が広いのも大きな魅力。

大排気量エンジンを搭載した大型ミニバン。全長はおよそ4.8mと国産最上級ミニバンよりも小さいが、全幅が広く8名乗車でもゆとりがある。カスタムのベース車としても使われており、生産終了から時間が経った今でも人気。

メルセデスの大型ミニバン。2015年10月に導入された現行型は、2.2Lターボディーゼルエンジンを搭載。標準ボディのほか、「ロング」、「エクストラロング」も用意。荷室の広さはそれぞれ違うが、乗車定員はすべて7名。

あなたへのオススメは
ミニバン(ハイブリッド車)です。

ミニバンとは

ゆとりある室内空間を持ち、多人数が快適に過ごせるタイプの乗用車。多くの場合3列シートで乗車定員は7名〜8名となり、ボディサイズなどのバリエーションは豊富に存在する。人気があるのは全高が高いボックス型だ。

おすすめ車種

プリウスをベースに、広い室内を与えたモデルがプリウスα。シート配列が2列の5人乗り仕様と3列の7人乗り仕様が設定される。5人乗り仕様は、スペースを荷室に当てているので、荷物をたくさん積む時に便利だ。

ファミリー層にぴったりの5ナンバーサイズミニバン。運転のしやすさにこだわっており、扱いやすいボディと相まって初心者にもオススメできる1台。明るい雰囲気の内外装も魅力だが、クール系のハイウェイスターも人気。

コンパクトなボディに3列シートを収めたフリード。それをベースにしたハイブリッドカーがこのモデル。モーターのみの走行も可能で、JC08モード燃費は21.6km/Lを実現している。燃費と実用性を高いレベルで両立した1台。

あなたへのオススメは
SUV(国産車・小型タイプ)です。

SUVとは

「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」の略語。乗用車の基本構造をベースに、地上高を高めて悪路にも対応したモデル。しかしここ最近、悪路走破性にこだわらず、オンロード重視のタイプも増えている。大きさも性格もさまざま。

おすすめ車種

頑丈なシャシーや悪路での接地性が高いリジッドサスペンションを採用するなど、本格的なオフローダーとしても名高い軽自動車。小さいボディを生かして、狭い林道やぬかるんだ道などで大活躍してくれる。

SUVのような力強さと丸型ヘッドライトによる高いデザイン性が光る軽自動車。ジムニーのような本格的な悪路走破性能は持たないものの、カジュアルで幅広く使えるクルマ。インパネもカラフルで、楽しさにあふれる。

全長わずか4135mmというコンパクトなボディながらも、スタイリッシュなルックスが見どころのジューク。SUVのカテゴリに入るものの、乗り味は背の高いコンパクトカーという感覚。エンジンは1.5Lと1.6Lターボから選べる。

あなたへのオススメは
国産車(中型タイプ)です。

SUVとは

「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」の略語。乗用車の基本構造をベースに、地上高を高めて悪路にも対応したモデル。しかしここ最近、悪路走破性にこだわらず、オンロード重視のタイプも増えている。大きさも性格もさまざま。

おすすめ車種

ラグジュアリーな内装と存在感あるルックスが魅力のSUV。セダンのような滑らかな走りが特徴で、さらにゆとりある室内空間で快適性も十分高い。ハイブリッドも設定するが、こちらはモーターによる力強い加速が自慢だ。

アウトドアにぴったりの中型SUV。汚れてもOKなウオッシャブルラゲッジを採用するので、サーフボードや釣り道具などが積めこめる。現行型からハイブリッドも設定され、こちらはJC08モード20.6km/Lの低燃費が特徴。

4WD技術に定評あるスバルの正統派SUVがフォレスター。初代は車高が低めのボディが特徴だったが、現行型では堂々たるボディサイズとなっている。オフロード性能にも強いので、雪国やレジャーなどで活躍してくれる。

あなたへのオススメは
国産車(大型タイプ)です。

SUVとは

「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」の略語。乗用車の基本構造をベースに、地上高を高めて悪路にも対応したモデル。しかしここ最近、悪路走破性にこだわらず、オンロード重視のタイプも増えている。大きさも性格もさまざま。

おすすめ車種

ランドクルーザーシリーズのなかでもカジュアルさをウリとするモデルがプラド。とは言っても中身は本格的なクロスカントリーで、オフロード走行は大の得意科目。またクリーンディーゼルも設定され、環境性能と走りを両立。

レクサスブランドの上級SUVがRX。現行モデルは彫刻作品のようなエッジの効いたスタイルが特徴。豪華でモダンなインテリアも注目のポイント。「Fスポーツ」仕様は大型サイズのSUVながらもシャープな走りが楽しめる。

本格派のクロスカントリーながらも、スタイリッシュさをウリにしたマルチな才能が自慢のSUV。得意のシーンはアウトドアで、荷室が広いのでワゴンとしての実力も高い。4WDだけでなく、後輪駆動車も設定している。

あなたへのオススメは
輸入車(小型中型タイプ)です。

SUVとは

「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」の略語。乗用車の基本構造をベースに、地上高を高めて悪路にも対応したモデル。しかしここ最近、悪路走破性にこだわらず、オンロード重視のタイプも増えている。大きさも性格もさまざま。

おすすめ車種

BMWのSUVラインアップのなかで最小のモデルがX1。先代は後輪駆動ベースの軽快な走りが得意だったが、現行型は設計がすべて一新され室内や荷室が広くなった。市街地走行からアウトドアまで幅広く使える1台。

アウディA3をベースとするコンパクトなSUV。全長は4385mmとなっており、狭い日本の交通事情にもマッチしている。エンジンは2Lターボのほか、ランニングコストを抑えられる1.4Lターボも選べる。経済性が高いのも魅力。

実用性と取りまわし性能を両立したジャストサイズのSUV。緊急時に自動でブレーキを作動させる「シティセーフティ」をいち早く日本で導入したことで知られる。エンジンはガソリンとディーゼルの両方から選べるのも大きな特徴。

あなたへのオススメは
輸入車(大型タイプ)です。

SUVとは

「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」の略語。乗用車の基本構造をベースに、地上高を高めて悪路にも対応したモデル。しかしここ最近、悪路走破性にこだわらず、オンロード重視のタイプも増えている。大きさも性格もさまざま。

おすすめ車種

「ゲレンデヴァーゲン」の頭文字が車名の由来のGクラス。1970年代に軍用車として登場して以降、豪華なオフローダーとして世界中のひとに愛されてきたクルマ。巨大な檻を思わせる堅牢なボディと力強い走りが魅力である。

スポーツカーメーカーであるポルシェが作り上げたSUV。ダイナミックな走りっぷりは911を彷彿させるもので、これがライバルにはない魅力。プラグインハイブリッド車を設定するなど、先進技術も積極的に取り入れている。

フルサイズSUVのエスカレードは、全長5195mmという迫力あるボディが見どころ。エンジンは6.2L V8 OHVという昔ながらのアメ車を思わせる大排気量で、優雅な走りが楽しめる。室内が広くゴージャスなのもトピック。

あなたへのオススメは
ハイブリッド車です。

SUVとは

「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」の略語。乗用車の基本構造をベースに、地上高を高めて悪路にも対応したモデル。しかしここ最近、悪路走破性にこだわらず、オンロード重視のタイプも増えている。大きさも性格もさまざま。

おすすめ車種

フィットをベースとしたコンパクトなSUV。ボディサイズが小さいので狭い路地でも気楽に乗れる。また、スタイリッシュなデザインも人気の秘密となっている。さらにハイブリッドを設定し、幅広いユーザーをターゲットとする。

レクサスブランドの上級SUVがRX。現行モデルは彫刻作品のようなエッジの効いたスタイルが特徴。豪華でモダンなインテリアも注目のポイント。「Fスポーツ」仕様は大型サイズのSUVながらもシャープな走りが楽しめる。

ラグジュアリーな内装と存在感あるルックスが魅力のSUV。セダンのような滑らかな走りが特徴で、さらにゆとりある室内空間で快適性も十分高い。ハイブリッドも設定するが、こちらはモーターによる力強い加速が自慢だ。

あなたへのオススメは
国産車(小型中型タイプ)です。

スポーツクーペとは

クーペのなかでも高出力エンジンや強化されたサスペンション、ブレーキを採用して走りの性能を高めたもの。「スポーツカー」に近い意味で使われる。実用性以上に走りを優先するモデルも多く、趣味性は極めて高い。

おすすめ車種

80年代に一斉を風靡したカローラレビン(AE86)にその名の由来を持つスポーツカー。後輪駆動方式を採用し、室内は2+2の4名乗り。スバル製2.0Lエンジンを搭載し、走る楽しさを味わえる。兄弟車はスバルBRZ。

手頃なサイズのスペシャルティクーペ。1999年に登場した最終型は5ナンバーサイズの小柄なボディが特徴。2.0Lエンジンを積み、軽快な走りが楽しめる。アフターパーツが多く、チューニングベース車としても人気。

ハイブリッドカーながらもスポーツカーらしいソリッドな佇まいと走りが特徴。6速マニュアルも選べるので、運転を積極的に楽しみたいファンに人気のクルマ。燃費、走り、スタイルの三拍子が揃った稀有な1台である。

あなたへのオススメは
国産車(大型タイプ)です。

スポーツクーペとは

クーペのなかでも高出力エンジンや強化されたサスペンション、ブレーキを採用して走りの性能を高めたもの。「スポーツカー」に近い意味で使われる。実用性以上に走りを優先するモデルも多く、趣味性は極めて高い。

おすすめ車種

日産の伝統的なスポーツカーがフェアレディZ。日本はもちろん北米市場でも絶大な人気を誇り、「Zカー」という愛称で呼ばれる。現行型は3.7L V6エンジンを搭載し、パワフルな加速が魅力。オープン仕様も存在する。

歴代スカイラインには2ドアモデルが設定されるが、先代スカイラインにも豪華な2ドアクーペが設定される。セダンと差別化されたボディは優雅なデザインで、3.7L V6エンジンの加速も鋭い。実力派のスポーツクーペだ。

まるでモーターのようにスムーズに吹け上がるロータリーエンジンという特殊なパワーユニットを搭載するRX-8。後輪駆動の特性ゆえ、ハンドリング性能も優秀。観音式ドアで後席へのアクセスがしやすいのも特徴だ。

あなたへのオススメは
輸入車(小型中型タイプ)です。

スポーツクーペとは

クーペのなかでも高出力エンジンや強化されたサスペンション、ブレーキを採用して走りの性能を高めたもの。「スポーツカー」に近い意味で使われる。実用性以上に走りを優先するモデルも多く、趣味性は極めて高い。

おすすめ車種

曲線的なボディラインにエッジの効いたディテールを組み合わせた2ドアクーペ。世代を重ねるごとに走りの切れ味が増し、スポーティなドライビングをとことん堪能できる。デュアルクラッチ式MTの搭載で変速もスムーズ。

308をベースに、オリジナルのクーペボディを与えたモデル。デザインの見どころはダブルバブルルーフと呼ばれるコブ状の屋根で、視覚的なインパクトを与えている。マニュアルミッションも用意され、積極的に走りが楽しめる。

スポーティさとエレガントなルックスを両立したスポーティクーペ。官能的な響きを奏でるV6エンジンのほか、経済的かつ軽快な走りの直4エンジンも設定。セレスピードと呼ばれる2ペダルMTの搭載もトピックである。

あなたへのオススメは
輸入車(大型タイプ)です。

スポーツクーペとは

クーペのなかでも高出力エンジンや強化されたサスペンション、ブレーキを採用して走りの性能を高めたもの。「スポーツカー」に近い意味で使われる。実用性以上に走りを優先するモデルも多く、趣味性は極めて高い。

おすすめ車種

ポルシェの伝統あるスポーツカーが911。重厚な乗り味と圧倒的な高性能が魅力で、半世紀以上にわたり世界中のファンを魅了してきた。ターボ、GT3などグレードも豊富に存在。最新型は新世代エンジンが搭載される。

アメリカを代表するスペシャルティカーがマスタング。ゆとりあるボディと豪快な加速が持ち味のクルマ。最新型はクラシカルな外観が見どころで、かつてのファンの心を掴んだ。2.3Lターボを積み、ハンドリング性能も高い。

大きなボディサイズに大排気量エンジンを積んだ伝統的なクーペ。室内は4名乗車が可能で、実用性もそれなりに高いのが特徴。マスタングとはライバル関係にあり、1960年代から存在する。アメ車らしい佇まいも魅力。

あなたへのオススメは
セダン高級車(国産車)です。

セダンとは

エンジンルーム、居住空間、トランクが独立した3ボックス型の乗用車。1980年代頃までは2ドアセダンも存在したが、現在のセダンは4ドアが主流となっている。ボディサイズはさまざまだが、自動車の基本形と言える。

おすすめ車種

ラグジュアリーなイメージがあるクラウンだが、アスリートはスポーティなイメージを押し出したシリーズ。フロントグリルが専用デザインとなるほか、パワフルな3.5Lエンジンも設定。積極的に走るのが好きな人にオススメ。

トヨタの上級セダンがクラウン。現行モデルはロイヤル、アスリート、マジェスタの3モデル構成となるが、もっともスタンダードなシリーズがロイヤル。上品な佇まいと落ち着いた走りが特徴。ハイブリッドモデルも設定する。

レクサスブランドのフラッグシップに位置付けられる高級セダン。最上級モデルにふさわしい高品質な内外装と静粛性の高い走り、そして国産車ならではの親しみやすさが注目のポイント。ハイブリッドモデルも設定する。

あなたへのオススメは
セダン高級車(輸入車)です。

セダンとは

エンジンルーム、居住空間、トランクが独立した3ボックス型の乗用車。1980年代頃までは2ドアセダンも存在したが、現在のセダンは4ドアが主流となっている。ボディサイズはさまざまだが、自動車の基本形と言える。

おすすめ車種

ボディサイズが手頃で扱いやすく、古くから人気のあるスポーティセダン。その最大の特徴はスポーティな乗り味にあり、ドライバーズカーとして名高い。現行型はプラグインハイブリッドやディーゼル仕様も選べる。

メルセデスのセダンのなかで、最上位に位置付けられるのがSクラス。最新型では、自動運転に近づいた進化したレーダーセーフティパッケージなど世界初のテクノロジーがふんだんに取り入れられたのが話題となった。

Sクラスよりひとまわり小さいものの、扱いやすさとプレミアム性を両立した高級セダン。先進装備を採用するなど、装備が充実しているのもポイント。歴史あるメルセデスのアッパーミドルクラスを存分に味わえるクルマだ。

あなたへのオススメは
セダン高級車(ハイブリッド車)です。

セダンとは

エンジンルーム、居住空間、トランクが独立した3ボックス型の乗用車。1980年代頃までは2ドアセダンも存在したが、現在のセダンは4ドアが主流となっている。ボディサイズはさまざまだが、自動車の基本形と言える。

おすすめ車種

ラグジュアリーなイメージがあるクラウンだが、アスリートはスポーティなイメージを押し出したシリーズ。フロントグリルが専用デザインとなるほか、パワフルな3.5Lエンジンも設定。積極的に走るのが好きな人にオススメ。

レクサスブランドのフラッグシップに位置付けられる高級セダン。最上級モデルにふさわしい高品質な内外装と静粛性の高い走り、そして国産車ならではの親しみやすさが注目のポイント。ハイブリッドモデルも設定する。

トヨタの上級セダンがクラウン。現行モデルはロイヤル、アスリート、マジェスタの3モデル構成となるが、もっともスタンダードなシリーズがロイヤル。上品な佇まいと落ち着いた走りが特徴。ハイブリッドモデルも設定する。

あなたへのオススメは
クーペ高級車(国産車)です。

クーペとは

滑らかなルーフラインを持ち、室内のスペースよりもデザイン性を重視したタイプの乗用車。かつては2ドアのみだったが、ここ最近はドアの枚数にこだわらず4ドアのクーペも増加中。パーソナルで趣味性が高い傾向。

おすすめ車種

最新型は2014年に登場した13代目で、今まで以上に上質さを追求。歴代モデルの特徴だったスポーティな走りがさらにレベルアップ。ハイブリッドも設定するなどバリエーションが豊富だ。

クーペとオープンカーの長所をあわせ持つラグジュアリーカー。金属製の屋根がボタン操作で自動的に開閉ができるのが特徴。高級セダンと同じエンジンを搭載し、スポーティというより、快適性を重視した走りを披露してくれる。

ダイナミックなスタイルが魅力のクーペ。上質なしつらえのインテリアも見どころで、スポーティな走りからリラックスした快適ドライブまで広くカバーしている。ハイブリッド仕様のほか、高性能モデルのRC Fも用意される。

あなたへのオススメは
クーペ高級車(輸入車)です。

クーペとは

滑らかなルーフラインを持ち、室内のスペースよりもデザイン性を重視したタイプの乗用車。かつては2ドアのみだったが、ここ最近はドアの枚数にこだわらず4ドアのクーペも増加中。パーソナルで趣味性が高い傾向。

おすすめ車種

3シリーズの名前が与えられるが、ボディパネルのほとんどがオリジナルのデザインを採用する。とくにフロントデザインはセダンよりもスポーティなテイストになる。スポーツ性も高く、運転を積極的に楽しめる1台である。

大型サイズの2ドアが6シリーズクーペ。スポーティな走りも得意だが、本質は長距離を速く快適に走れるグランドツアラー的なポジション。実用性を重視するなら、4ドアのグランクーペも選択可能。高性能版「M6」も設定する。

低く構えたデザインは3シリーズセダンよりも精悍かつスポーティ。それでいながら、後席の居住性は大人が十分座れる範囲なので、実用性を犠牲にしない2ドア車がほしいひとにぴったり。4ドア版のグランクーペも選べる。

あなたへのオススメは
ワゴン高級車です。

ワゴンとは

セダンをベースに、居住空間と繋がった広い荷室を持つタイプの乗用車。ミニバンとは異なり重心高が低く、走りはもちろん、スタイリングや実用性を両立するのが大きな特徴。ミドルサイズのモデルが多い傾向にある。

おすすめ車種

3シリーズセダンをベースとしたステーションワゴン。走りの楽しさはセダン譲り。現行モデルはクリーンディーゼルを設定するのも特徴で、力強く豪快な加速が味わえる。走りと実用性を兼ね備えたモデルである。

最新世代のA4アバントは、洗練された外観デザインが特徴。室内のクオリティもプレミアムブランドらしい水準にあるので、高級ワゴンがほしいひとにオススメ。セダンと同じく、前輪駆動とクワトロ(4WD)から選べる。

Eクラスがベースとなるゆえ、ラゲッジルームは広大。高品質な内外装と先進の安全技術も特徴で、ロングツーリングなどに最適なモデル。走りの重厚感もセダンにひけをとらず、メルセデスの英知が込められた1台である。

あなたへのオススメは
SUV高級車です。

SUVとは

「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」の略語。乗用車の基本構造をベースに、地上高を高めて悪路にも対応したモデル。しかしここ最近、悪路走破性にこだわらず、オンロード重視のタイプも増えている。大きさも性格もさまざま。

おすすめ車種

ランドクルーザーシリーズのなかでもカジュアルさをウリとするモデルがプラド。とは言っても中身は本格的なクロスカントリーで、オフロード走行は大の得意科目。またクリーンディーゼルも設定され、環境性能と走りを両立。

ラグジュアリーな内装と存在感あるルックスが魅力のSUV。セダンのような滑らかな走りが特徴で、さらにゆとりある室内空間で快適性も十分高い。ハイブリッドも設定するが、こちらはモーターによる力強い加速が自慢だ。

レクサスブランドの上級SUVがRX。現行モデルは彫刻作品のようなエッジの効いたスタイルが特徴。豪華でモダンなインテリアも注目のポイント。「Fスポーツ」仕様は大型サイズのSUVながらもシャープな走りが楽しめる。

あなたへのオススメは
オープンカー(国産車・小型中型タイプ)です。

オープンカーとは

屋根が開くタイプの乗用車。多くは2ドアボディを採用するが、座席は2シーターと4シーターの2つのタイプがある。専用設計されたスポーツタイプだけでなく、ハッチバックなどの乗用車から派生したモデルも存在する。

おすすめ車種

軽自動車ながらも、電動開閉式メタルトップという豪華な装備が与えられたオープンスポーツ。ワンタッチで屋根を開閉できるので、気軽にオープンドライブが楽しめるクルマだ。カジュアル志向のユーザーも安心して乗れる。

定番のオープンスポーツカー。車重はおよそ1トンと、軽さが走りの大きな武器。排気量は少ないが、軽快な走りが楽しめる。屋根を開け、マニュアルミッションを駆使すれば、スポーツカーの醍醐味を存分に味わえるはず。

オープンボディを持ちながら、高剛性ボディによるシャープな走りが持ち味の辛口スポーツ。高回転型エンジンをフロントに搭載し、後輪を駆動。その走りっぷりは公道を走れるレーシングカー。走り好きなら大満足の1台だ。

あなたへのオススメは
国産車(大型タイプ)です。

オープンカーとは

屋根が開くタイプの乗用車。多くは2ドアボディを採用するが、座席は2シーターと4シーターの2つのタイプがある。専用設計されたスポーツタイプだけでなく、ハッチバックなどの乗用車から派生したモデルも存在する。

おすすめ車種

クーペとオープンカーの長所をあわせ持つラグジュアリーカー。金属製の屋根がボタン操作で自動的に開閉ができるのが特徴。高級セダンと同じエンジンを搭載し、スポーティというより、快適性を重視した走りを披露してくれる。

高級なレザーをふんだんに用いたラグジュアリーな内装が魅力のオープンカー。 外観も個性的で、デビュー年は古いが今でも色褪せない魅力がある。 エンジンは4.3L V8を積み、たっぷりとしたトルクで優雅な走りを堪能できる。

日産の伝統的なスポーツカーがフェアレディZ。日本はもちろん北米市場でも絶大な人気を誇り、「Zカー」という愛称で呼ばれる。現行型は3.7L V6エンジンを搭載し、パワフルな加速が魅力。オープン仕様も存在する。

あなたへのオススメは
輸入車(小型中型タイプ)です。

オープンカーとは

屋根が開くタイプの乗用車。多くは2ドアボディを採用するが、座席は2シーターと4シーターの2つのタイプがある。専用設計されたスポーツタイプだけでなく、ハッチバックなどの乗用車から派生したモデルも存在する。

おすすめ車種

バリオルーフと呼ばれる電動開閉式の屋根を装備。ボタンひとつでクーペからフルオープンにすることができる。室内はメルセデスならではの豪華な佇まいで、乗員を寒さから守るエアスカーフなどの先進装備も採用している。

コンパクトなボディで軽快な走りが楽しめるオープンスポーツ。ソフトトップを採用するので、昔ながらの味わいがあるクルマである。ボディの剛性感が高く、オープンカーながらもしっかり走るのも長所。高速走行も快適だ。

MINIのハッチバックからルーフを取り去り、ソフトトップを与えたのがコンバーチブル。MINIならではのキビキビした走りが魅力で、小柄なボディを活かして狭い場所でもスイスイ走れる。走りの気持ちよさはぴかいちだ。

あなたへのオススメは
輸入車(大型タイプ)です。

オープンカーとは

屋根が開くタイプの乗用車。多くは2ドアボディを採用するが、座席は2シーターと4シーターの2つのタイプがある。専用設計されたスポーツタイプだけでなく、ハッチバックなどの乗用車から派生したモデルも存在する。

おすすめ車種

2シーターのオープンスポーツカーがボクスター。ライバルと異なるのは、リヤシート後方に積まれたエンジンレイアウトで、このおかげで抜群の運動性能を獲得している。ポルシェのなかでは手ごろな価格で入手可能である。

Z3の後継モデルとして登場したのがZ4。こちらもZ3と同じく2シーターのオープンモデルだが、ボディサイズはひとまわり大きく、室内にゆとりがある。スポーツカーらしい走りはもちろん、リラックスしたドライブにもぴったり。

伝統と格式のあるラグジュアリーな2シーターオープン。高品質な内外装の仕立てはさすがメルセデスと評される高い水準にある。エンジンはV6からV12と豊富に用意されているのも魅力。リッチな世界観を存分に味わえる。