ニューモデル

2017/11/10(金) 13:48

アウディ ジャパンは11月9日、新型「Q5」に、新グレード「2.0 TFSI quattro sport」を追加して発売。また、既存の「2.0 TFSI quattro」と「SQ5」に、アウディがレベル2自動運転に位置付ける「トラフィックジャムアシスト」を取り入れた「アクティブレーンアシスト」(ALA)を搭載した車両の価格も発表した。今回新たに追加されたQ5の新グレード、2.0 TFSI quattro sportは、エクステリアにスポーツバンパーやスターデザインの18インチアルミホイールを採用し、足まわりはスポーツサスペンションを装備する。

インテリアは、スポーツシートやアルミ調デコラティブパネルを使用してスポーティさを演出。アクティブレーンアシストは、走行中に車線からはみ出しそうになったことをフロントウィンドウのカメラで検知すると、ステアリングアシストによって車線維持を助けるシステム。65km/h以下の渋滞時に、同一車線内での運転操作(アクセル、ブレーキ、ステアリング)をシステムが行なうトラフィックジャムアシストも搭載している。

メーカー希望小売価格は、2.0 TFSI quattro sportが691万円(税込)、2.0 TFSI quattroのALA搭載モデルが662万円(税込)、SQ5のALA搭載モデルが892万円(税込)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報