ニューモデル

2017/6/16(金) 17:18

キャデラックは6月17日、「エスカレード」に8速ATを採用するなど、マイナーチェンジした。今回の一部改良では、従来のモデルに採用されていた6速ATから8速ATにバージョンアップ。最高出力426psを発生する6リッターV8エンジンと組み合わせて、エンジンパワーをより効率よく使えるようになったほか、高速巡航時のエンジン回転数が下がり低燃費化を実現。またセレクタブル4WDの走行モードにローレンジの「4WD Low」を追加し、オフロードでの走破性や牽引性能を向上させた。

室内空間では、日本仕様のエントリーグレード「プレミアム」において、ベンチシートを2列目に標準装備して、乗車定員を7人から8人に増員。シートはパワーフォールディング機能による折りたたみが可能で、荷室をフラットにすることもできる。システム面では、縦列や並列駐車のスペース検知やハンドル操作を行なうオートマチックパーキングアシストや、従来のミラーより3倍の視野を確保するカメラレンズウォッシャー付リアカメラミラーを新たに搭載し、安全性を高めている。

また、「プラチナム」では後席のRCAジャックに代えてHDMIやUSBポートを配置。ワイヤレスヘッドフォンを従来の赤外線ワイヤレスから4チャンネルデジタル式に変更することで音質の強化を図った。ボディカラーはセーブルブラックと有料オプションカラーのクリスタルホワイトトゥリコートの2色を設定。インテリアカラーは「プレミアム」ではジェットブラックのみの設定となり、「プラチナム」ではボディカラーがセーブルブラックの場合はジェットブラック、クリスタルホワイトトゥリコートの場合はトスカナブラウンを組み合わせる。

メーカー希望小売価格は、「プレミアム」が1260万円(税込)、「プラチナム」が1360万円(税込)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報