はや20年 泣く泣く手放します 後ろ髪引かれつつをご紹介

トヨタ アリスト[1997年08月]

これまでの所有台数(平均)
23
ドライバー歴(平均)
6

総合評価

4.2
(146件) (「普通=3.0」が評価時の基準です)
外観のデザイン・ボディカラー 走行性能 乗り心地 価格
4.5 4.6 4.5 3.8
内装・インテリアデザイン・質感 燃費・経済性 装備 満足度
4.5 3.0 4.3 4.5

カトケン

この人を参考にした

6

ドライバー歴
45
これまでの
所有台数
10

※レビュー投稿時でのデータ

はや20年 泣く泣く手放します 後ろ髪引かれつつ

投稿 : 2017年04月21日

利用シーン
ドライブ 通勤通学 買物
オススメ
走り好き シニア ファミリー
特徴
操作性 視界 安定性 静粛性 加速 安全装備 広い

所有形態 マイカー

トヨタ アリスト S300 E-JZS160

【所有期間または運転回数】
新車購入しずっと乗っています
20年というと家族同然です

私材料開発に従事してたので、250セルシオと161アリストのエキマニ(フェライトステンレス鋼)、リヤサスメンバー(パイプ溶接構造)、プロペラ管部分に関与してました。
どなたかが書いているように、今では考えられないほどの念の入れようで、溶接後水没検査で気泡漏れがないことを全数検査していました。

市販された車両への思い入れもあり、早速購入しました。以来20年...

どなたかが書いているように、フュエルリッドの爪疲労破壊と、盗難されかかっての修復以外全くトラブルフリーで、今でも9〜10km/L走ります(都内在住)。当然ベアリングやブッシュ、ディスク、サイドスリップなどはメンテしてきました。

さすがに10万キロ越えあたりでから、サス周りがヨレ出してきました。
最近はダンパーや足回りブッシュなどの交換はほとんどしない、修復は受け付けるが、結果は約束できないとのディラーの話に唖然

後継に当たるGSやほぼ同グレードと思われる国産車等を見て回りましたが、アリストと類似した基本構想を持つ車は見当たらず、改めて愕然としました。
結果、手放すことを決断しました。20年でメンテができなくなるって、基本的技術力の低下としか思えません。

【総合評価】
今もアリストに価値があることを再発見。
GS等も見ましたが、どうにでもなるスタイルや装備(基本はアリストの延長線)ばかり強調され、肝心の運転して楽しいというものが見つかりません。
私には深刻な悩みでした。
当時のトヨタの技術者が如何に夢を描いて開発に取り組んだかが、改めて実感されます。

【良い点】
基本性能は現状販売車と比較して劣るところは見当たりません。
丁寧な設計と造り込み、当時としてはかなり先を見越したパッケージングや新技術投入など、トータルバランスで今でも秀逸なことを再認識しました。

【悪い点】
長く乗りたくても、技術が継承されておらず、正規ディーラーでさえメンテが困難なこと。
車は機械ですからメンテは必須です。長く乗ろうとしても安心したサポートが受けられない現状は本当に残念です。

今度乗り換える車はおそらく一生で最後の車です。
アリストに感謝しつつ、今後20年、私にとって乗り続ける価値のある車を何とか見つけました。
予想以上に苦労しました...

参考になった! 0

総合評価5.0

投稿者評価

平均

おすすめレビュー

モデルからクルマレビューを探す

グレードからクルマレビューを探す

トヨタの人気車種のクルマレビューを探す

利用シーンから探す

こんな人におすすめ

特徴から探す

クルマを買ったら、GooPartsでカスタマイズ!