ホンダ フリードスパイクハイブリッド | ニューモデル

ニューモデル

ホンダ フリード/フリードスパイク (2011年〜)試乗レポート

試乗
マイナーチェンジ
発表・発売/2011年10月27日
本田技研工業 TEL:0120-112010 (2011年10月)

ホンダ フリード/フリードスパイク (2011年〜)試乗レポート

■待望のハイブリッドは走り、乗り心地ともに期待以上

 フリード/フリードスパイクに追加されたハイブリッドは、プリウスαよりコンパクトで低価格な注目モデルだ。エンジンはCR-Zなどとは異なる、新開発の1.5L i-VTEC。IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)との組み合わせで、5ナンバーサイズのミニバン/ハイトワゴンでトップレベルの低燃費を実現した。既存の1.5Lガソリン車も、内外装のリフレッシュやVSA(横滑り防止装置)の標準化などのマイナーチェンジを受けている。

■ドライビング / ユーティリティ

 ハイブリッドの走りの実力は期待以上のものだ。1.5Lエンジンは、最高出力は従来のIMA用1.3Lと同じに抑える一方、2500〜4200rpmでほぼ最大値を発揮するフラットなトルク特性を備える。これにモーターアシストをプラス、さらにCVTをローレシオに設定したことで、加速は発進からトルクがドッと沸きあがるように力強い。これなら6〜7名乗車時でも、1.5Lガソリン車より頼もしいことは間違いない。
 ほかにも、ハイブリッド車(HV)本来の静かさに加え、吸音・遮音材を拡充したことで静粛性がガソリン車より大幅に向上。駆動用バッテリーを搭載するボディ後部の剛性強化、サスペンションの見直しによって、従来は突き上げ感が目立った乗り心地も改善されている。
 HV化によるパッケージへの影響は最小限で、ガソリン車とほぼ同じ使い勝手を確保している。ユーザー調査に基づき3列目シートを従来の3席から2席として居心地を高めた点は、フリード全車に共通の朗報だ。
 1.5Lガソリンより優れた燃費に分厚いトルク、そして上質な乗り味。フィット同様、ハイブリッドはフリードシリーズの新たな牽引役となる資質を十分に感じさせた。

■インテリア / エクステリア写真[1]

  • メーターはハイブリッド専用のデジタル式。スパイク(写真)では、チタン調のステアリングガーニッシュもガソリン車との識別点となる。 メーターはハイブリッド専用のデジタル式。スパイク(写真)では、チタン調のステアリングガーニッシュもガソリン車との識別点となる。
  • 新開発の1.5L i-VTECは、1.3L版と同じく1気筒2バルブ・2プラグのi-DSI、全気筒休止、アイドリングストップなどを採用する。 新開発の1.5L i-VTECは、1.3L版と同じく1気筒2バルブ・2プラグのi-DSI、全気筒休止、アイドリングストップなどを採用する。
  • 外観ではメッキ+クリアブルーのヘッドライト/リヤコンビランプがハイブリッドの証。フリードは精悍なGエアロがベースだ。 外観ではメッキ+クリアブルーのヘッドライト/リヤコンビランプがハイブリッドの証。フリードは精悍なGエアロがベースだ。

■インテリア / エクステリア写真[2]

  • ハイブリッド・ジャストセレクションは、運転席に加え助手席にも格納式アームレストを備える(写真はスパイク)。 ハイブリッド・ジャストセレクションは、運転席に加え助手席にも格納式アームレストを備える(写真はスパイク)。
  • フリードの3列目は2席に変更。バッテリー搭載で床面が高くなったが、シート脚部の工夫で居住性はガソリン車と同じだ。 フリードの3列目は2席に変更。バッテリー搭載で床面が高くなったが、シート脚部の工夫で居住性はガソリン車と同じだ。
  • スパイクハイブリッドもラゲッジフロアの上昇を抑えるため、フロアボードを新設計。床面上昇を反転時の35mmに抑えた。 スパイクハイブリッドもラゲッジフロアの上昇を抑えるため、フロアボードを新設計。床面上昇を反転時の35mmに抑えた。

■フリードスパイク ハイブリッド(CVT) 主要諸元

全長×全幅×全高 4210×1695×1715mm
ホイールベース 2740mm
トレッド前/後 1480/1475mm
車両重量 1380kg
エンジン 直4SOHC+モーター
総排気量 1496cc
最高出力 88ps/5400rpm
最大トルク 13.5kg m/1500rpm
モーター最高出力 14ps/1500rpm
モーター最大トルク 8.0kg m/1000rpm
システム最高出力 99ps/5400rpm
システム最大トルク 16.6kg m/1000〜1500rpm
JC08モード燃費 21.6km/L
サスペンション前/後 ストラット/トーションビーム
ブレーキ前/後 Vディスク/L&Tドラム
タイヤ前後 185/65R15
全国メーカー希望小売り価格
フリード 169万8000〜232万6500円
フリードスパイク 169万8000〜229万5000円
この記事を友達に教える
Share (facebook) Check
メールマガジン『@Goo』
新車紹介・試乗 新着記事

トヨタ 86

あまり目立たないがマジメな改良が行われている

(7月25日)

ジャガー Fタイプ

スポーツブランドの面目躍如 痛快な走りにジャガーらしさが光る

(7月25日)

ダイハツ コペン

カルト的人気を博したコンパクトオープンスポーツの新展開

(7月18日)

シトロエン DS3

洗練と効率性を高めた新たなパワートレーンを搭載

(7月18日)

トヨタ ヴィッツ

一大刷新で輝きを取り戻しヴィッツの快進撃がいまはじまる

(7月11日)

Goo-netクルマ関連記事

Goo-net News

新車情報をはじめクルマ業界の
ニュースをいち早くお届け

中古車情報

中古車選びに役立つ情報満載!
あなたにピッタリのクルマが見つかる

新車紹介・新車試乗

発表されたばかりのニューモデルを
独自で紹介、試乗レポート

中古車目利き講座

上質な中古車を見極めるポイントを
詳しく解説!買う前に要チェック