トヨタ プロボックスバン | ニューモデル

ニューモデル

トヨタ プロボックス/サクシード
新車紹介

紹介
マイナーチェンジ
発売/2014年9月1日
トヨタ自動車・お客様相談センター 0080-700-7700
文●森野恭行 写真●トヨタ (2014年9月)

トヨタ プロボックス/サクシード<br>新車紹介

■日本の仕事人を支えるクルマがサポート力を大幅にアップ

 登場以来12年もの長きにわたって、日本の商用車の主役の1台として活躍してきたプロボックス/サクシードが、ビッグマイチェンを実施して登場した。その内容は、安全性の強化や燃費改善を含む気合いの入ったもので、注目のポイントがいっぱい。新型に乗用ワゴンは設定されないが、レジャーにおける使い勝手にも定評のあるモデルだけに、マークしておいても損はないはずだ。

■ドライビング/ユーティリティ

 フロント側プラットフォームを二世代新しいものに変更し、あわせてセンターフロアやインパネなども一新した今回の改良は、フルモデルチェンジに匹敵する大規模なもの。目を引くのは、全面変更されたフロントマスクだけではない。
 まずは技術面だが、1.5Lユニットを大改良し、新世代1.3Lユニットを導入するとともに、ミッションを4速ATからCVTに変更している。これにより、1.5L車(2WD)のJC08モード燃費値は15.4km/Lから18.2km/Lへと改善。1.3Lを含む全車がエコカー減税対象車となった。また、このクラスの商用車では初の電動パワステの導入や、VSC(横滑り防止装置)&ヒルスタートアシストの全車標準化も見逃せない進化点だ。
 そして、いかにも「働くクルマ」らしいのはコクピットの大進化。1日をクルマの中で過ごすと言っても過言ではないユーザーの生の声を聞き、新たなアイデア装備の数々を盛り込んだ。右に写真で紹介しているのがその代表例だ。MT車廃止を惜しむ声もあるが、足踏み式パーキングブレーキの採用が、前席間にスマートにカバンを収める空間を生んだのだから納得できる。走りの性能と燃費効率を改善し、セーフティの能力も向上させた上で、使い勝手もさらに進化させた新型が、商品力を飛躍的に高めたことは間違いない。

  Report 森野恭行   Report 森野恭行

■インテリア/エクステリア写真[1]

  • インパネは全面変更。高級感やスポーティさではなく、実用性を徹底追求する姿勢がいかにも商用車らしい。まさに「必要はデザインの母」。さまざまなアイデアをちりばめている。 インパネは全面変更。高級感やスポーティさではなく、実用性を徹底追求する姿勢がいかにも商用車らしい。まさに「必要はデザインの母」。さまざまなアイデアをちりばめている。
  • 前席間にカバンを置き、ハンドル左にはスマホを収めて、充電もできる設計とした。1L紙パック飲料が収まるトレイやA4対応の大型トレイも、ユーザーの声を反映したもの。 前席間にカバンを置き、ハンドル左にはスマホを収めて、充電もできる設計とした。1L紙パック飲料が収まるトレイやA4対応の大型トレイも、ユーザーの声を反映したもの。

■インテリア/エクステリア写真[2]

  • 旧サクシードは450kg積みだったが、新型は400kg積みで統一。ホイールハウスの張り出しを極小に抑えた荷室の使い勝手は抜群だ。 旧サクシードは450kg積みだったが、新型は400kg積みで統一。ホイールハウスの張り出しを極小に抑えた荷室の使い勝手は抜群だ。
  • 心臓は新搭載の1NR型1.3Lと定評の1NZ型1.5Lの2本立て。ミッションはCVTを新採用した。 心臓は新搭載の1NR型1.3Lと定評の1NZ型1.5Lの2本立て。ミッションはCVTを新採用した。
  • Aピラーから後方の造形は不変。唯一、リヤコンビランプが新しい。サクシードのリヤオーバーハングは、短めのプロボックスの寸法に統合された。タイヤは13から14へとインチアップ。 Aピラーから後方の造形は不変。唯一、リヤコンビランプが新しい。サクシードのリヤオーバーハングは、短めのプロボックスの寸法に統合された。タイヤは13から14へとインチアップ。

■トヨタ プロボックス 1.5L F(CVT)

全長×全幅×全高 4245×1690×1525mm
ホイールベース 2550mm
トレッド前/後 1485/1465mm
車両重量 1090kg
エンジン 直4DOHC
総排気量 1496cc
最高出力 109ps/6000rpm
最大トルク 13.9kg m/4800rpm
JC08モード燃費 18.2km/L
サスペンション前 ストラット
       後 トレーリングアーム
ブレーキ前/後 Vディスク/ドラム
タイヤ前後 155/80R14
価格
トヨタ プロボックス/サクシード 131万7600円〜179万8691円(全グレード)
この記事を友達に教える
Share (facebook) Check
メールマガジン『@Goo』
新車紹介・試乗 新着記事

トヨタ プロボックス/サクシード

日本の仕事人を支えるクルマがサポート力を大幅にアップ

(9月19日)

スバル WRX S4/STI

こだわりの高性能モデルがさらなる「速さ」を獲得した

(9月19日)

三菱 eKワゴン

快適な走りと実用燃費の改善で魅力を大きくアップした

(9月12日)

ジャガー XJR

トップ・オブ・ジャガーにふさわしい現実離れしたポテンシャルと贅沢さ

(9月12日)

レクサス NX

世界的に流行のコンパクトSUVに真っ向から挑戦した意欲的なモデル

(9月5日)

Goo-netクルマ関連記事

Goo-net News

新車情報をはじめクルマ業界の
ニュースをいち早くお届け

中古車情報

中古車選びに役立つ情報満載!
あなたにピッタリのクルマが見つかる

新車紹介・新車試乗

発表されたばかりのニューモデルを
独自で紹介、試乗レポート

中古車目利き講座

上質な中古車を見極めるポイントを
詳しく解説!買う前に要チェック